クラブ運営方針

本年度の基本方針(2018~2019年度)

「メーキャップのためのメーキャップではなく、例会を楽しみましょう。」
会長 大藤辰弘


ogino.jpg

 皆様、2018-2019年度、吹田西ロータリークラブの会長を務めさせて頂きます大藤でございます。

 皆様のご理解・ご協力なくして、運営は成り立ちませんので、宜しくお願い申し上げます。

 さて、2018-2019年度RIバリー・ラシン氏は会長テーマとして、「インスピレーションになろう」を掲げられました。

 Inspirationは動詞の Inspire(感動させる、奮い立たせる、鼓舞する、元気づける)から来ているとの事です。奉仕を通じこの思いを実現しましょうとの解釈だそうです。地区のガバナーエレクト山本博史氏は、特別に地区のテーマを設けず、RIのテーマをそのまま踏襲し、地区のテーマとされました。皆さんの行動で感動させて下さいとの事です。

 当クラブのテーマは,地区テーマ(=RIテーマ)を踏まえ、感動を与えるには、みなさんとの密な交流が必要だと感じます。

 前年度会長の荻田パスト会長は「明るく、軽く、真剣に」を基本テーマになさっておられましたが、それを踏襲し、仕事の都合がつくならば、何が何でも例会に出席したいという気持ちをもっていただきたいと考えました。それには、例会に出席するために「メーキャップのためのメーキャップではなく、例会を楽しみましょう。」が必要と考え、このテーマにいたしました。

 奉仕活動を行うにも、皆さんの顔と顔を合わせながら、議論を重ねたいと思います。

 社会への使命感達成のため同じ時間を過ごしましょう。

 具体的には、沢山の目標を掲げておりますが、理事、パスト会長、委員の方々のご意見を聞きながら、修正して、より良いクラブ運営を行って参りたいと存じます。

 1年間、榎原幹事と共に頑張りますので、宜しくお願い申し上げます。




戻る