運営方針

本年度の基本方針(2020~2021年度)

「ハッピーロータリー」
会長 由上時善

 ロータリーの基本は親睦と奉仕です。

RI会長の言葉【ロータリーは機会の扉を開く】これはロータリーは色々なポランタィアを行うチャンスに恵まれているということです。よって、今回の理事・役員に選ばれた方々は勿論、委員長になった方も自分でやってみたいと考えたことが有れば新しいことをどしどし提案実施して下さい。従来していたボランティアでも構いませんが。

私の信条は「楽しくなければボランティアじゃない」です。勿論、楽しいことばかりではありません。
つらい山登りをして山頂にたどり着けば喜びも一塩でしょう。
失敗は恐れないで下さい。山頂に上り切れなくてもその失敗を学んでください。きっと後の人生に役立つはずです。

ベテランの方々はフォローをお願いします。新人さんも将来のための経験を積みつつ意見をして下さい。物事が決定するまでは色々な意見を交換して下さい。但し、決定された後は意見が合わなくても一丸となって協力して下さい。再度申し上げますが失敗は恐れないで下さい。全て、私の責任です。何処にでも謝りに行きますから。
又、当クラブのテーマは「ハッピーロータリー」としました。これは会員のためです。
幸せは、皆さんの身体と企業の基盤です。ここに居られる会員のほとんどが経営者です。悩みが共通している方も多いと思います。会員同士親しくなって経営の悩みや解決方法を模索できるような関係になって下さい。

例会ではリスクマネジメントを取り入れたいと思います。

  1. 健康面  1時間座っていると23分間の寿命が縮むと言うデーターもあります。卓話前の2~3分間の軽体操も取り入れられたらと思っております。軽体操の他に生活習慣病対策なども卓話でできたらと思います。ですから会員御婦人の例会への参加も歓迎したいと思います。
  2. 地震・台風・コロナなどの災害 新型コロナで新しい災害に注意を払う時代になりました。こういった時こそロータリーの存在価値をアピールするべきです。コロナ感染の経路が不明との報道が多いため、私は携帯電話でGPS機能を使って行動履歴を残しています。改めて災害時の対応を色々考えましょう。卓話もパネルディスカッション的なものも増やしていきましょう。

最後に失敗を恐れず「ハッピーロータリー」

今後10年の具体的目標及び行動計画   

  • ●会員数60名、特に女性の入会を推進する。
  • ●出席率100%継続する。
  • ●当初の目的である知り合いを広めることによって親睦と奉仕の機会をつくる。
  • ●高い倫理観のもと、役立つ仕事を通して社会に奉仕する。
  • ●事業及び社会生活において、個人として、日々地域への奉仕の理念を実践する。
  • ●世界的ネットワークを通して国際理解、親善、平和を推進する。
  • ●ローターアクトクラブを創設し、次の世代の人材を養成する。
TOP